睡眠を大切に

どんなに良いスキンケア化粧品を使い、丁寧にお手入れを行っても、生活習慣に問題があってはなかなか改善しません。中学生くらいになってくると、夜更かしをし出すお子さんも多くなってきます。また、睡眠時間はとれていても質が良くない場合もあります。これらは、肌にダメージを与えることでもあります。なるべく早く眠るように工夫したり、快適な環境を作るように努力して良い眠りを得られるようにしましょう。

眠る前にスマホやパソコンを使うのは避けましょう。また、湿度や室温も良い状態になるように注意してみてください。理想の湿度は、だいたい50パーセントと言われています。また室温についてですが、夏は25~26度、冬は16~18度くらいだと言われています。

また、寝具にもこだわってみてください。寝心地の良いマットや布団、枕を用いることはもちろんなのですが、清潔なものを選ぶことも忘れてはいけません。シーツや枕カバーはいつも清潔なものを使うようにしてください。若い時は特に汗をたくさんかき汚れやすいので、爽やかな状態の寝具を用意することもニキビケアに繋がります。

そして、女の子は髪の毛を長くしている方が多いのですが、シャンプーした後しっかりと乾かさないで眠ると、それが眠っている間に肌に付着してニキビの原因になっていることもありますので注意が必要です。