スキンケアを大切に

年齢に応じて、肌の状態にも変化を感じるようになります。それはごく普通のことです。まだ若い10代の肌は、大人と肌と異なり皮脂が必要以上に分泌されやすいといった傾向があります。その為、いわゆる「思春期ニキビ」ができやすいのです。ニキビは大人になってからもできてしまうことがあるのですが、思春期ニキビの原因と違いがある場合も少なくありません。思春期ニキビの特徴は、皮脂線が多く集まっている部位(おでこや鼻)にできやすいことです。ですから、こういったことを理解した上で日々のスキンケアを行って行く必要があります。

また、ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などがニキビの原因になることは大人ニキビとの共通点でもあります。ストレスを上手に解消する方法を見つけたり、しっかりと眠るように心がけることも必要です。食事は、ビタミンやタンパク質、ミネラルが不足しないように注意しながら食べるようにしたいものです。油分は摂り過ぎないようにしましょう。

ビタミンやミネラルは野菜やフルーツに多く含まれています。タンパク質は、肉や魚、大豆などに多く含まれているのですが、脂っこいものを食べるとニキビができやすくなるので、さっぱりとしているものを選ぶようにするのがお勧めです。

ここでは、思春期のニキビ肌におすすめしたい改善方法について紹介します。思春期ニキビは赤みがあるのも特徴。ホルモンにも影響されます。是非参考にしてみてください。